もしかして育児ノイローゼ!?この対策で育児ノイローゼを防ぐ!

SnapCrab_NoName_2014-8-22_23-38-26_No-00

育児でのストレスこれは、子育てにかかわる誰しもが経験する問題でしょう。そこから育児ノイローゼにならないためにどういった対策ができるのでしょう。

スポンサーリンク

育児ノイローゼにかかった時の対策について

育児ノイローゼは特別なものではなく、誰もがなりうる可能性があるものなので、まさかの時のためにも、どのような対策があるかは、知っておいた方がいいでしょう。

対策として、まず一つは、子育ての悩みや愚痴を一人で抱え込まずに夫や友人など、誰かに聞いてもらうことが大切です。

悩みや不満を自分の中だけに留めておくことは精神衛生上、大変、危険なことです。

脳内にストレスホルモンが増え続け、育児ノイローゼが更に悪化してしまう恐れがあります。

また、育児は毎日、同じ繰り返しのような気持ちに陥りがちなのと、どうしても意識が育児に集中してしまいストレスが溜まりやすくなるため、夫の休日などを利用して、育児を交代してもらう時間を作りましょう。

気分転換することで、気持ちも新たにお子さんに向き合うことが出来ます。

また、育児で手一杯な時期には家事はうまく手抜きをすることも大切な対策の一つです。

夫にも家事を手伝ってもらったり、食事はお弁当やお惣菜を購入して済ませたり、掃除も簡単に済ますなど、負担にならないような対策をとることが育児ノイローゼを悪化させないためには必要です。

このような方法を試しても、育児ノイローゼが改善に向かわない場合や症状が重い場合には、心療内科や精神科を受診してカウンセリングを受けたり、投薬してもらうなどの対策を取りましょう。

スポンサーリンク

 

育児ノイローゼを防ぐために対策について

育児ノイローゼにかからないようにするための対策についてですが、これも育児ノイローゼにかかってしまった時と同様に、育児の悩みや不満を自分だけで抱え込まないことが大切です。

特に、産後一年間はホルモンバランスが崩れやすく、精神的に不安定になりやすい時期でもあるため、育児ノイローゼにかかりやすい期間といえます。

この時期は何もなくてもイライラしやすかったり、憂鬱になりやすい時期でもありますので、常に感じたことを誰かに話すことが育児ノイローゼにかからないための対策の一つです。

そして、やはり、夫に協力してもらい育児を代わってもらう時間を作ることが大切です。

生まれてから三ヶ月ほどの間、赤ちゃんは三時間おきの授乳とオムツ替えが必要ですので、お母さんはどうしても睡眠不足になりやすい時期です。

この時期は特に自分の心や身体にも目を向けることが育児ノイローゼを防ぐための大切な対策といえるでしょう。

そして、友人に会ってお喋りしたり、美容院や買い物に出かけたりと、リフレッシュできる時間を持つことも大切です。

また、わからないことがあったり、不安なことがある時には、育児経験のある友人やお母さん、お姑さんに聞いたり、地域の保健婦さんに相談しましょう。

お子さんを出産した産院を通じてのお母さん仲間と会ったり、地域の育児サークルなどに参加するのも良いでしょう。

親子共々、外出する良い機会になりますし、同じ時期に出産した仲間と合うことで共感したり、安心感を感じることも多いと思います。

育児ノイローゼにかからない対策には何よりもお子さんと二人だけで家にこもってしまわずに、育児に協力してくれる人や相談相手、育児仲間を持つことが、大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ