入眠剤って何!?睡眠薬との違いについて・・・副作用は!?

SnapCrab_NoName_2014-8-18_6-47-48_No-00

睡眠薬とは違う入眠剤というものがありますがこれはいったいどういうものなんでしょう。

スポンサーリンク

入眠剤の役割

入眠剤と睡眠薬は違いは効果時間です。睡眠薬が長い時間効くのに対し入眠剤は短いこの差だけです。専門医は、数種類の薬をだします。『マイスリー』と言う良く出される薬もこの部類に入ります。

入眠剤と、睡眠薬を同時に処方する事で、睡眠効果を上手く生み出しています。この薬は専門医が大体Ⅰ型睡眠障害等、確定診断をしたうえで処方するので、効果が現れないと言う事はありません。

焦りは禁物です。1日寝れないくらいでは人間は大丈夫です。

入眠剤は基本的に眠りをしやすくする薬。その他の睡眠薬はそれ以外の部分を、補っています。この2つの絶妙なバランスによって睡眠時間が確保されています。薬もバランスがあります。過度に強い薬を使っても効果はありません。

入眠剤と聞くと睡眠障害等を患ってしまった人にしてみたら、何だか頼りのない薬だなあと思う人がいます。医師から説明を受けて納得する人が殆どです。やはり睡眠薬の効果の方が大きいのは皆さん知っていますからね。

スポンサーリンク

 

入眠剤の効果

入眠剤だけ処方する専門医はいません。必ず睡眠薬と一緒に処方します。入眠剤の効果は先ず薬を飲んで1時間以内に眠れるかです。1時間はかなり時間を大目にしましたが、大体30分ですね。

入眠剤は睡眠薬を処方される際に必ず入っています。それ以外の睡眠薬の組み合わせは殆どありません。それだけ睡眠のカギを握っている薬なのは間違いありません。その為睡眠が順調に取れます。効果がしっかり出ていますね。

入眠剤だけでも眠れる人は眠れます軽度の不眠症の人の場合『マイスリー』2錠で寝れる人もいます。そんなに睡眠薬と騒がなくても専門医が診察すれば貴方に何が必要かをナビゲートしてくれます。

入眠剤の効果は主に寝つきの良さです。特に夏場は暑いですから、寝苦しい夜を迎えます。一般の健常者でもクーラーなしでは眠れない暑い夜が続きます。そのあたりも入眠剤がカバーしています。

入眠剤と言えども分類でいけば睡眠薬ですので、この薬を飲んだ後の車の運転は厳禁です。絶対に何があろうと運転してはいけません。運転して事故でも起こしら大変です。物損事故ならまだいいですが・・・

入眠剤でも、もちろん人によっては副作用をもたらす場合があります。もしも何か異常を感じたら、副作用は様々ですが、すぐに病院へ行くようにしてください。

入眠剤は睡眠薬の効果を高める貴重な役割をしています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ