市販の睡眠導入剤の種類と効果!その怖さとは!?

SnapCrab_NoName_2014-8-11_1-53-43_No-00

睡眠導入剤には病院で処方されるものもあれば、ドラッグストアなどで購入できる市販薬があります。その効果はどのくらい違うものなんでしょう
か・・

スポンサーリンク

市販薬

睡眠導入剤は市販でもたくさんの種類の薬が売っていますが、効果は免疫のある人には効果が極めて薄いか全くありません。

睡眠導入剤は病院で処方される薬の威力が100だとすると市販の薬は5程度です。これだけの効力に差があります。これはかなり大きい差です。

元々、病院で処方される薬は強い事で有名でした。その為専門医意外はあまり処方したくない傾向があります。特に内科医はその後の責任問題になりかねないので弱い薬しか出しません。

しかし、幾ら弱いと言っても市販の薬に比べて睡眠導入剤は強いです。かなりの効果があります。種類によっては専門医ですら処方するのに躊躇する人がいます。

スポンサーリンク

 

薬とアルコールの関係

薬を飲む前後はアルコールを飲んではいけません。効果が思った以上に出る事があるからです。次の日のにも響くほどです。眠くて仕方がないと思います。

結局アルコールを飲んでしまうと睡眠導入剤の効力が増し、市販の薬だとアルコールの力で寝ると言う力技に出る事になります。これは一番してはいけない事です。アルコールの力は無用です。

 

速やかに寝る為に

薬に頼らずに眠るためには、体を少しいじめる事です。エレベーターの所は階段で登る。この様な小さな努力が睡眠導入剤や市販の薬をなるべく飲まなくてすみます。

体を疲れさせるには、運動が一番ですね。どんなスポーツでもかまいませんのでしっかりと体を動かし、疲れさせることです。睡眠導入剤や市販の薬に頼らなくて良くなる事もあります。

睡眠導入剤や市販の薬を飲んでいても、運動をした日は眠りにつくのが速くなります。運動で体の血行をよくして新陳代謝を良くする事が非常に重要です。いつまでも睡眠導入剤に頼るわけにはいきません。

運動をする事によって眠りがつくのが速くなったのであれば継続的に続けるべきです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ