睡眠薬の効果って!?依存性とそこからの脱却方法!

SnapCrab_NoName_2014-8-9_23-16-29_No-00

睡眠薬の効果は必ずしも強さに見合ったものが万人にでるわけではありません。

スポンサーリンク

強い薬が効かない?

一般的に良く効くとされている薬でもその人の体質に合わなければ全く利かない事も珍しくありません。代表的な薬は【アモバン】です。この薬は錠剤ですが、粉末にして飲むと物凄く苦い味がします。

後は1度は名前は聞いた事があると思う【ハルシオン】この

薬も効く人には魔法のように効きますが、体質的に合わない人には全く効かない一面を持っています。逆に効果が薄いと言われる薬の方が効く可能性があります。

心療内科や精神科の事を全く知らない人だったら何で?と不思議に思うかもしれません。睡眠薬は風邪薬ではないのです。その為強い薬だからと言って万人に効果があるわけではありません

スポンサーリンク

 

心療内科や精神科では何錠くらい薬を処方しているのか?

心療内科や精神科で処方される薬の量は患者さんによってかなり変わってきます。睡眠障害が酷い患者さんだと10錠程飲んでいる人もいます。

逆に効果が弱い睡眠薬で普通に眠れる人もいます。全てはその人の体質に関わってきます。1番体に合った薬を処方するのが専門医の仕事です。やはりエキスパートとはいえ体質までは分かりません。

その為、1錠しか飲んでない人もいれば強い睡眠薬を含めて10錠以上飲んでいる人もいます。症状によって薬の飲む量は全く変わってきます。睡眠薬の効果は依存性が強いので余り多く飲むのはオススメ出来ません。

睡眠薬に依存すると、睡眠薬がなくては夜全く眠れなくなります。その傾向は特に良く効くを飲んでいる人はその傾向が顕著に表れています。

 

睡眠薬をどんどん減らす

睡眠障害や不眠症を治すのには薬からの脱却が必要です。その為改善の兆しが見え始めると、薬を少しずつ減らしていきます。1錠ずつ減らしていくパターンが通例となっています。

問題なのは薬を服用している患者さんに、どこでその薬をカットするかです。ここさえ乗りきれば完治は目前です。ここは専門医の技量が問われる所です。安全策を選ぶ医師が圧倒的に多いですね。

薬を飲むのをやめるのは服用機関にもよりますが勇気がいるものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ