思春期の子どもとの親子関係をうまく築くために!

SnapCrab_NoName_2014-9-2_2-56-32_No-00

思春期の子供をもつ親にとって、子供との関係をどうしていいか悩むものです。しかし子供の気持ちを理解することでその関係も築きやすくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

思春期の親子関係はどうすればいいの?

思春期の親子関係というのは非常に難しいものです。一体どうしたらお互いに上手い関係を築けるのでしょうか?子供は一体何を願い、親はそれに対してどう対処していけばいいのでしょうか。

思春期の子供の視点から考える

思春期にある子供というのは、体の発達に心がうまく伴わず、自分の感情を素直に表現できないことが多いのです。特に一番身近にいる親に対して、その行動は出るようです。本当は親に認めてもらいたい・関心を持ってもらいたいと思っているけどそんなこと正直に言えるはずがありません。

それで逆に目立つ行動をしてみてり、親の感心をひくために暴言をはいてみたり反抗したりするのです。半分子供で半分大人という、難しい立場なのです。それでこの時期は一番親子関係が難しい時期だと言われているのです。

スポンサーリンク

親の視点から考える

一方、親はこの思春期の子供との親子関係をどう保ったらいいか分らないのです。親は親で、今までいい子だった息子・娘がいきなり暴言をはいたり、今までみたこともないような反抗をされることに戸惑いを隠せないものです。また、我が子にはこうあってほしいという願いや、子供には自分の出来なかったことを達成してほしいという願いがあるのです。

それをなかなか子供がかなえてくれなかったり、自分の思い通りにならないことに戸惑ってしまうのです。それでこの思春期の親子関係というのが一番難しいと言われるのです。

ではどうしたら、思春期の親子関係は改善されるのでしょうか。まず、親は子供の話を途中で遮ったりせず、最後まで聞いてあげることが大切です。そして、どんなことがあっても信じてあげること、いたわる言葉をかけてあげましょう。

そして子供には、役割を担い達成感を持つことが出来る機会を与えましょう。また、情緒を育む自然体験をさせてあげることも大切です。そうすることで、子供も自分自身に自信が持てるようになり、様々なことに関心を持てるようになり親子関係も改善されていくでしょう。

思春期の親子関係は簡単なものではありません。しかし、お互いがどのようなことに関心を持っているのか、何を望んでいるのかを理解してあげることが大切です。特に親は、子供に対してどんなことがあっても信じてあげる姿勢をもつことが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ