睡眠薬をやめるタイミングは?睡眠不足が改善すると起きること!

SnapCrab_NoName_2014-8-14_0-40-13_No-00

睡眠障害に悩まされて睡眠薬に頼ってきたけど、そろそろ薬に頼りたくない・・・薬はやめるタイミングが難しいですよね・・・

スポンサーリンク

睡眠状態改善で様々な効果が

いつまでも睡眠薬に頼っている訳にはいきません。睡眠状態が改善してきたら、睡眠薬を徐々に減らしていかないといけません。せっかく状態が良くなったのですから薬から離れるいい機会と思ったほうが良いでしょう。

睡眠が良くとれるようになったと言う事は何かきっかけがあった筈です。ここは深く考える必要はありません。改善された事に意味があります。きっかけは何でも良いのです如何に良く寝られるかです。

睡眠状態が改善されると気分的にも大きなゆとりが持てますここが大きいですね。心にゆとりが出て来ると色んな面で落ちついて物事に取り組めます。また食事も不思議と美味しく感じるものです。睡眠の効果は大きいのです。

中々、睡眠が取れなかった時は夜がくるのが怖かったと思います。ただ、改善されると夜も何でもなくなります。ここから先は今の状態を維持し更に良くするだけです。睡眠が取れないと、精神的も体力的にも厳しいものがあります。しかし、改善するとまるで別人のように振る舞う事が出来ます。それだけ睡眠と言うのは生きて行く上で大切と言う事です。

スポンサーリンク

 

この後はどうすれば良いのか?

睡眠状態が改善されたら、この状態をまず維持しなければいけません。そしてここから更に睡眠状態の更なる改善を目指して行く事になります。やはり状態が良いのに越した事はありません。

更に状態を良くするのは専門医の的確な指示を守りましょう。全く睡眠薬が必要なくなるまで、専門医の診察はキチンと受けなければいけません。完全に専門医から完治と言う言葉を聞くまでは油断できません。

睡眠状態が改善され薬の量も大分減って来たら完治まであともう少しです。ここでの頑張りが後々ものを言います。頑張ると言っても普段通り生活していれば問題ありません。後は完治の日が来るのを待つのみです。

睡眠薬もいよいよ飲まなくても寝れるようになりました。この状況が3日続けば完治ですが、専門医が完治と告げるまでは完治ではありません。睡眠状態の大幅な改善、薬が無くても眠れるこの事を専門医に告げると完治と言われる可能性が高いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ