睡眠導入剤を処方してもらうのは何科!?安全な使い方とは・・・

SnapCrab_NoName_2014-8-17_6-54-16_No-00

睡眠導入剤を服用するのであれば一度、専門医の意見を聞いてみるべきでしょう。

スポンサーリンク

睡眠導入剤の注意点

市販の薬と病院で処方される睡眠導入剤は、効力が全く違います。病院の薬が100とすると市販の薬は5あるかないか。これ位の差があります。睡眠障害や不眠症に悩んでいる人にはまるで魔法のような薬です。

睡眠導入剤は、睡眠薬の事を言います。名前が違うので睡眠薬と別の薬が処方されているのかな?と考える方もいますが、睡眠薬です。睡眠導入剤は市販のものと比べものにならない効力を発揮しますが、副作用のリスクも高くなります。

何も知らず飲む事は非常に危険です。処方された時に医師からの説明は聞き流さず、しっかりと聞きましょう。ただ、余り恐れて飲まないのも問題なので医師の説明通り服用すれば問題は先ずありません。

睡眠導入剤は使用方法さえ間違わなければ安全な薬です。その為にはしっかり用法を守る事が大前提になります。処方されて眠れないからと言って、2日分飲むのは絶対にしてはいけない行為です。これだけは絶対にしてはいけません。

上記のケースの場合直ぐに、医師に相談しましょう。基本的に1度、処方した薬を次の外来まで、変える事はしないので、かんがえられるのは、一つ薬を増やす方法です。睡眠導入剤は1つ加わるだけで効力が違います。

スポンサーリンク

 

睡眠導入剤の不安を払拭・受診するのは何科?

睡眠導入剤は、悪用されるケースも多いです。イメージとしてはあまり良いイメージを持たない人もいます。しかし睡眠導入剤はキチンと服用していれば全く問題ありません

心療内科を受診して医師が睡眠導入剤を処方しようとすると怖いと感じる人も少なくありません。やはり副作用や世間の風潮が人間の心理をそうさせているのかもしれません。

上記の方は初めて心療内科に受診し、睡眠導入剤を処方された事に不安を感じています。その不安を先ず、医師が説明し、調剤薬局でキチンと説明を受ければ不安から安心へと変わる筈です。

睡眠導入剤を不安なく安心して飲める環境作りが非常に重要です。その為には何をしたら良いか?まずは薬の管理です。これは非常に重要です。薬をキチンと管理出来ない人は危険な飲み方をしかねません。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ