睡眠導入剤がもたらす影響!薬の強さを変えるとき!

SnapCrab_NoName_2014-8-18_6-59-28_No-00

睡眠導入剤を使いたいが、どれをつかっていいか迷いますよね。睡眠導入剤は薬によって強さが異なります。注意して使用しましょう。

スポンサーリンク

徐々にレベルアップ

睡眠導入剤にはレベルマックスのものからレベル1までがあり、大体のものが強さに色分けされます。重度の睡眠障害で無い限り強い薬を処方する医師はまずいません。やはり、慎重に薬を処方しています。何でも強い薬とはいきません。

睡眠導入剤の強さですがこれは人によって全く感じ方が違います。幾ら強い薬でも効かない人には全く効きません。しかし、弱い薬を出すと体との相性もあり弱い薬で対応出来る事が出来ます。

人それぞれ性格や体質が違うように薬も体との相性があります。どんなに弱い睡眠導入剤でも飲んだら絶対車を運転してはいけません。いつ強烈な睡魔が襲って来るのかが分かりません。強さに関係なく薬を飲んだら運転はアウトです。

睡眠導入剤の強さは一概にこれが必ず効くと言うのはありません。例えばハルシオンやアモバンと言った一般的に強烈な効果があると言われている薬でも体質が合わなければ全く効果が現れません。

スポンサーリンク

 

睡眠障害・不眠症の人の薬が効果的に効く方法

これは運動をする事です。運動やスポーツは上手い下手は一切関係ありません。とにかくスポーツに熱中する事で、

睡眠導入剤の効果も運動した日は、かなり効き目が良くなります。後は平日出来る簡単な運動もすると良いでしょう。代表的なのはウォーキングです。運動を行い薬の効果を感じ始めたら、弱い薬に変えていくチャンスです。

とにかく汗をかく事です。新陳代謝を良くする事によって睡眠のサインを送る脳もサインが送り易くなります。ここはしっかりと体を良い意味で体をいじめましょう。エレベーターは全て階段を使う等の基礎から行って行きます。

1番理想的な平日の過ごし方は早朝にウォーキング、帰宅後寝る前にウォーキングそして寝る直前にホットミルクを飲むこのサイクルを繰り返す事によって大分効果が違ってきます。後は諦めずにどこまで頑張れるか?です。

睡眠導入剤には、強さがあります。通常であれば、当然強い薬の方が効果は見込めます。しかし、中々体質とのミスマッチ等で中々上手くいかない部分もあります。【睡眠導入剤】+【強さ】は比例はしていないと言う事です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ