睡眠薬の様々な副作用について!

SnapCrab_NoName_2014-8-17_7-11-8_No-00

睡眠薬による副作用はいったいどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

副作用の症状

一番多いのは蕁麻疹等です。その他、頭痛、眩暈等があります。この様な症状が出たら医師に直ぐ相談しましょう。

睡眠薬は他の薬比べて効力が強いので副作用が出る確率が他の薬よりも高いです。中々完全に防ぐのは難しいです。副作用のある薬は直ぐに、医師に申告し変えてもらいましょう。同じ薬をのみ続けるのは非常に危険です。

副作用は先述の症状以外にも下痢や嘔吐等もあります。この症状だと食あたりと見分けがつきません。特に夏場の場合は食あたりと勘違いしてしまう場合があります。当然、薬を飲み続ける限りこの症状は続きます。

上記の症状の場合は非常に見分けが素人ではつきません。当然内科に行けば薬を出されるでしょうし、その薬は睡眠薬を飲んでしまうと全く効かなくなります。ここがこの副作用の症状の厄介な所です。どこで見極めるかが出来ません。

この場合は専門医にも直ぐに相談する必要があります。専門医は当然一つ一つの薬の副作用を熟知しています。直ぐに専門医であれば判断してくれます。ここが専門医の凄い所です。直ぐに薬をこの場合変えます。

スポンサーリンク

 

副作用を防ぐのは可能か?

正直、睡眠薬一つ一つに副作用の危険因子が含まれています。その為、実際の所服用してみないとわからないのが、現状です。睡眠薬は寝る前に飲みますから、当然心療内科等のクリニックはやっていません。

ここが1番もどかしい所です。睡眠薬の副作用で就寝に影響のないものと大きく影響を及ぼすものがあります。そこをどうするかが夜間の悩みです。就寝に影響がなければ翌日で問題ありません。

問題は睡眠に影響のあるケースです。寝るどころか、副作用の症状が酷く大学病院等の緊急外来に行く事になります。当然睡眠薬を飲んでいますから車では行けず、タクシーで行く事になります。

このように睡眠薬の副作用と一言で言っても様々です。これは絶対に副作用だと自信を持って言う人はいないでしょう。もしも薬を服用していて、何か違和感を感じることがあれば、まずは病院を訪れましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ