これって睡眠障害!?睡眠薬の強さとその種類とは!?

SnapCrab_NoName_2014-8-10_2-49-32_No-00

睡眠薬は数多くの種類がありますが、その効力も様々です。

スポンサーリンク

睡眠薬は種類により効力が違う

睡眠薬は数多くの薬が存在します。有名な睡眠薬もあればあまり聞いたことがない薬もあります。有名どころでいくと【ハルシオン】この薬が最も有名だと思います。

また強さも様々で、体質的にどうしても合わない人用の薬もあります。1回も飲んだ事がない人が飲めばものの20分で眠ってしまうでしょう。それ位弱い薬でも威力があります。

効果が強いという事は、薬によって副作用もあると言う事です。これまで大きな副作用の事例は報告されてはいません。

なるべくなら睡眠薬に頼らないで生活を送りたい所ですが、一度使用すると中々、上手く行きません。これは個人差があるので致し方ない部分もあります。種類ひとつで幾らでも睡眠時間は変わります。

良質な睡眠を得る為には、体を疲れさせる事です。そうすれば睡眠薬の効果もかなり効き目が良い筈です。

スポンサーリンク

睡眠障害

睡眠障害という病個人差はありますが、睡眠薬がなければ寝る事すら出来ない人もいます。ここは専門医も色々な種類を織り交ぜて、薬の強さを調節し対抗しますが直ぐには治る程甘くはありません。

睡眠障害で1番多いのが中途覚醒です。これは眠りにはついたものの1時間後に目が覚め、朝まで眠れない状態が続きます。このケースは睡眠薬の種類のミスマッチです。

睡眠障害は非常に厄介な病気です。中途覚醒を引き起こすと情緒不安定になります。その原因はこのまま眠れなかったらどうしようと言う焦りから来るものです。当然夜ですから総合病院か大学病院の緊急外来しかやっていません。

ここで一般のクリニックで睡眠薬を処方されている人はどんな種類の睡眠薬でも大学病院の当直医は極力薬をだしたがらないです。法律すれすれの所なので、「ハイわかりました。じゃ今夜はこの薬を飲んで下さい」とはいかないのです。

睡眠障害で中途覚醒を起してしまったらその日は我慢するしかありません。翌日に行くしか手がありません。年末年始だけはこの状態を避けたいですから早い段階で手を打っておく必要があります。

年末年始で中途覚醒をすると最悪なので年内に必ず自分に合う処方薬を出してもらって下さい種類は豊富です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ