睡眠薬を処方してもらうためには何科に行けばいいの?正しい使い方!

SnapCrab_NoName_2014-8-17_6-28-24_No-00

睡眠薬を市販で買って使うのに不安がある人は、一度専門医のもとを訪れてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

睡眠薬を求める人

睡眠薬を病院からもらう為には医師の【処方箋】が必要です。この処方に関する紙がないと薬はもらうことが出来ません。処方箋の発効日を含めて4日間有効です。全国どこの調剤薬局でも受け取る事ができます。

ただ、睡眠薬は、在庫がない調剤薬局も多いので処方されても場所によっては取り寄せ等になるケースもあります。中々睡眠薬を揃えている調剤薬局は多くありません。なるべく同じ薬局でもらうのがベストです。

薬を貰いたがる人が心療内科に押し寄せています。中には薬を指定する人もいますが、当然そういう人には医師は睡眠薬を処方しません。医師も処方するにはそれなりの判断基準を超えていないと出さない傾向にあります。

ただ本当に必要な人はカウンセリングをすれば直ぐにわかりますからそういった人達にはちゃんと睡眠薬を処方します。

本当に薬が必要な人にしか処方しません。睡眠薬は悪用される可能性があるので特に薬を指定してくる人は論外です。薬を指定してくる段階でその薬の薬効を全て把握していると考えるのが妥当なラインです。

スポンサーリンク

 

睡眠薬の出し方

睡眠薬は、他の科で出される薬とは大きく違い非常に威力が強いです。処方する際も最初は1番弱い睡眠薬から出していくのが基本です。最初から強い薬をだす専門医はまずいません。

睡眠薬は症状に応じて医師が処方しますが、最初の薬で効果が余りなかった人にはもう1段ギアをあげ強い薬を処方します。最初から強い薬を出してればいいのでは?と思う方もいると思いますがそうはいきません。

患者も徐々に睡眠薬に慣れてきて処方される薬で十分睡眠が取れるようになってきます。これが本来の姿です。過剰に薬を出さないが鉄則です。

最初から強い薬を飲むと体に良くない部分もあります。やはり、最初は軽い睡眠薬を処方するのが基本です。症状に応じて、薬を変えていきます。専門医の判断は正しいと思っていいでしょう。

専門医との信頼関係を構築する事も重要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ