市販の睡眠薬の効果は?睡眠薬なしで眠るためには!

a1180_007518
あまりにも眠れない夜が続くと、睡眠薬に頼るかどうするか悩みますよね。薬を使用する前にその知識を持っておきましょう。

スポンサーリンク

市販の睡眠薬の効果

市販されている薬は病院で処方されるものに比べ効力はかなり劣ります

私は薬を1日分切らしてしまい市販の睡眠薬を買って服用しましたが全く効きませんでした。大きな差を感じます。

病院で処方される睡眠薬はかなり強いです。専門医は軽い睡眠薬から処方していきますが、処方薬だけあってなかなかの効果があります。市販の睡眠薬は軽めですが全く免疫のない方には効果抜群だと思います。

しかし既に免疫のある人にしてみたら、効果は殆ど見込めないでしょう。夜眠れないのは非常にストレスを感じます。特に夏等はストレスも倍増します。やはり、夜はしっかり睡眠を取らないといけません。

スポンサーリンク

睡眠薬無しで寝る方法

一番は体を疲れさせる事です。嫌でも体に疲労が蓄積していると眠たくなってきます。理想は朝ウォーキングと夜のウォーキングそして寝る前にホットミルクを飲む事です。

上記の方法は睡眠障害や不眠症初期の方に有効的とされています。やはり、夜安心して眠れるのと眠れないのかな?と不安をいだくのでは精神的に大きく違います。

後は、寝る前に絶対にカフェイン系の飲み物を飲まない事です。コーヒーやレモンティー等が該当します。このような、カフェイン系の飲料は飲まない事です。

 

市販の薬と処方薬の違い

睡眠薬は医療機関でも、慎重に薬を出します。専門医(心療内科・精神科)が処方する睡眠薬は全く効果が違います。市販薬は100個買おうと思えば買えますが。病院で処方される睡眠薬は30日分までしか処方する事が出来ません。

30日以上は出ないので飲み過ぎたりすると次の外来診察の時に影響があります。睡眠障害や不眠症は非常に厄介な病気です。最初は市販薬で対応していた方もいると思います。

しかし、効果が薄いので徐々に効果が薄れてきます。その為病院に駆け込む人が増えています。今は心療内科と言うかかりやすい科がありますから安心です。

心療内科も精神科も担当する医師は精神科の医師です。その為バランス良く睡眠薬をだしてくれます。あまりの効果の違いに驚くと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ