育児ストレスは専業主婦のほうがたまりやすい?ためないためには?

SnapCrab_NoName_2014-8-18_7-31-56_No-00

専業主婦のほうが育児によるストレスがたまりやすいというデータがありますが、何故なんでしょうか?

スポンサーリンク

専業主婦は育児ストレスが溜まりやすいのは何故か?

育児ストレスは専業主婦のほうが溜まりやすいと言われますが、それは何故でしょうか?

まずひとつには、専業主婦の場合、外に出ることが、兼業主婦と比べて少ないということが理由にあげられます。

次に、家事や育児は、休みがなく、ここで今日は終わりという時間の区切りもないため、つい根を詰めてしまうということも多々あるため、知らぬ間に疲れや育児ストレスが溜まりやすいということも理由としてあげられます。

また、家事や育児というものは家庭の主婦にとって、とても負担の大きな仕事であるわけですが、夫や周囲に褒められることもなければ、報酬があるわけではありません。

特に出産後、初めて専業主婦になった方からすれば、それまでは、外で働いてのが、家に入り、育児に家事にと追われる生活へと環境が急変するため、その分余計に、育児ストレスを感じることが多いといえるでしょう。

専業主婦というと端からみれば楽なように感じる方もいると思いますが、実際には専業主婦の仕事の量や忙しさは、時給に換算すると外で働く以上の高額な報酬になるとも言われているように、大変なものなのです。

スポンサーリンク

このような理由から考えると専業主婦はストレスが溜まりやすいのも当然といえることだと思います。

 

専業主婦が育児ストレスとうまく付き合うには?

専業主婦が育児ストレスとうまく付き合っていくには、どのようにしたら良いでしょうか?

それには、やはり夫や周囲の協力が必要です。

特に夫はなるべく早くに帰宅するように心がけ、悩みや愚痴を聞いてあげるようにして欲しいものです。

専業主婦は日常、人と話すことがどうしても少なくなるため、ただでさえ、ストレスが溜まりやすいものです。

そこに育児ストレスも重なるため、うまく発散できないと育児ノイローゼにもなりかねません。

できれば家事も分担して行うと、育児期の負担が軽くなります。

特に赤ちゃんの頃の育児は睡眠不足になりやすいため、休日などは育児を代わってあげるなどの心遣いをしてあげて下さい。

また、専業主婦の方は普段から育児日記をつけることをおすすめします。

お子さんの成長の様子もわかるので、励みになりますし、その日、その日の自分の気持ちも書き綴ることで、心の整理ができて、育児ストレスが溜まるのを防ぐ効果があります。

夫に話すときにも、日頃の様子を文章にしてまとめておくと、悩みをわかりやすく伝えられるといいた利点もあります。

その他にも、育児経験のある友人や、同じ時期に出産した友人と連絡をまめに取り合うことも大切でしょう。

悩みの解決法をアドバイスしてもらえたり、同じような悩みを持っていることに気づき、一人ではないという安心感を持つことも出来ます。

このような方法で、育児ストレスを一人で抱え込まずに、誰かと共有することが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ